今日の昼キャバはお客さんと家で入れるコーヒーの話

大阪から出てきて、求人誌で新橋の昼キャバで高収入の求人募集を探してたときに見つけたのが今のお店。 新橋の昼キャバは高収入の求人をしているお店が沢山あって、その中で一番お給料の高かった今のお店で働き始めた。 今日は常連のHさんとIさんが来てくれた。 2人は近所の喫茶店の店員さん。 このお店の人はオーナーさんも店長さんも来てくれてありがたい。 2人はいつも何か言い合ってるけど仲良いんだよね。 「Uちゃん、遊びに来たよ~」 「あ~、いらっしゃい」 今日は夜シフトらしくて、出勤前に来てくれたみたい。 昼キャバはお酒飲めないときでもくつろぎたい人が来てくれるから、おしゃべりが楽しいね。 「オーナーと店長にコーヒー豆のこと聞いてたの?俺に聞いてくれれば良かったのに」 「この前行った時、2人ともいなかったよ?」 「ちょうど昼シフトで夜帰ってたんだよなぁ。すれ違い」 「あたし早朝か夜しか来られへんからねぇ」 「でどんな風に教えてもらったの?」 「カウンターに入って、ドリップの仕方教えてもらったよ」 「え~、普段は誰も入れるなって行ってるのに。職権乱用じゃんそれ~」 「ははは。可愛い女の子は入れても良いルールが出来たんやね~たぶん」 「じゃぁ今度俺もUちゃんが来たら教えてあげるわ。店長より美味しいコーヒーの煎れ方教えてあげる」 「店長よりって、店長の煎れ方知ってるん?」 「最初教えてくれたのは店長だけど、もう俺の方が長く入れてるから上手いはず」 なんか対抗意識を燃やしてて面白かった。 でもまたカウンター入ってみたいから今度また教えてもらお。

SNSでもご購読できます。